切手収集が過去になったという時代から、現在ご当地バージョンが登場したことで、再び根強い人気を博すことになりました。

ブーム自体は何度か訪れるので、身近に始められる切手はいくつになっても楽しめる存在です。また収集の度合いによってはコンパクトなスペースで収集できることから、切手収集は総合的に見れば相手に理解される趣味のひとつに該当します。
切手収集家に共通して言える内容は、あるテーマに沿って長い間楽しんでいることです。人物だけを集めたり、世界遺産に登録されたものを中心に集めたりと独創性が感じられる内容が含まれます。

新たな観点から切手を捉えていけば、共通の趣味を持つ仲間を増やすことにつながります。

趣味の世界は自分ひとりより、仲間を作る方がよいという結果が出ています。

切手のお供になるはがき自体の需要が減っている中で、懐かしいという気持ちから切手収集を始める人もいます。

限られたスペースの中に無限の可能性が含まれることこそ、切手の最大の魅力と言えます。

また個性的なサイズで販売している切手もあって、収集家には刺激的な内容が繰り広げられます。思い出の切手を数枚手にすれば、世代を超えた親密な付き合いが可能です。